このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線を99.9%カットする車検対応型フロントガラスが登場!

自動車のフロントガラス交換について

現在販売されている自動車のガラスには、合わせガラスと強化ガラスのどちらかが使用されています。

フロンガラスは自動車の安全性を高めるためにも非常に大事なパーツの1つで、フロンガラスには合わせガラスが使用されていて、他の部分のガラスとは構造的に違っています。

フロントガラスに使われている合わせガラスは、特殊な中間膜のポリビニールやブチラールを2枚のガラスで挟んだ構造で対候性が高いため、普通の板ガラスと同様に透明となっています。

この中間膜があるおかげで、万一事故などで表面が破損しても、昔の自動車とはとは違いガラスが崩れ落ちないようになっています。

ただし現在でもクラシックカーなど、かなり以前に販売されていた自動車を好んで乗っている人も多いので、その場合はフロントガラスの性能のことも十分に理解して、事故には十分に注意しなければいけません。


飛石などで簡単に傷がつく

 

しかし最近の丈夫なフロントガラスでも、飛石などで簡単に傷がつくことがあります。

もちろんこればかりはどんなに気を付けていても防ぎようがありませんが、もしも小さな傷でもフロントガラについてしまった場合は、すぐに補修か修理に出すようにしましょう。

一般的にはフロントガラスについた傷が500円玉よりも小さな場合は、補修か修理で済むと言われていて、補修で済む場合は自分でホームセンターやカー用品店などでリペアキッドを購入して対応することもできます。

また小さな傷なら業者に修理に出してもそれほど費用はかからないので、小さな傷でもできるだけ専門業者に診てもらうことをおすすめします。


傷が500円玉よりも大きかった場合は問題

 

しかしフロントガラスについた傷が500円玉よりも大きかった場合は問題で、この場合はフロントガラスを交換しなければいけなくなる可能性が高くなります。

自動車のフロントガラスを交換するためには、小さな軽自動車でも工賃を含めて10万円程度はかかることになり、大型の高級車の場合は何十万円単位で費用がかかることも珍しくはありません。

できるだけ費用をかけたくない場合は、業者選びを慎重に行う必要があり、一般的にはディーラーに依頼した方が町の修理工場などに依頼するよりも高額になると言われています。

しかしあまりにも安くフロントガラスの交換をしてくれる業者は、純正品ではなく粗悪な輸入品を使用していることもあるのでその点には注意が必要です。

Pick-Up Topics

カラード・フロントガラスのおすすめ商品

 

カラード・フロントガラスとは、その名前の通りに自動車のフロントガラスに色がついているもので、その目的は外から車内が見えないようにするプライバシーの保護と、他の車と差をつけたいというものがあります。

またフロントガラスに色をつけることで、紫外線からお肌や車内のインテリアなどを守ることもできます。

しかしフロントガラスにつけられる色の濃さは保安基準で定められていて、70%以上の透過率を確保していないと、車検を通すことができなくなり、警察に取り締まりで捕まる可能性も出てきます。

したがってカラーフィルムをフロントガラスに貼って、カラード・フロントガラスにしているドライバーは、基準をきちんと守って取り付けるようにしましょう。

「カラード・フロントガラスのおすすめ商品」の続きはこちら

車のコーティングの種類

 

今では車のコーティングにもいろいろな種類があって、大きく分ければ、油脂系、樹脂系、ガラス系、そしてガラスがあります。

それぞれにいろいろな特徴があるので、車にコーティングをする時には、特性を十分に理解した上でいずれかを選ぶようにしましょう。

油脂系は、油が水をはじく性質を利用したものであり、施行が簡単で安価に施工できるところが大きなメリットです。

ただし雨により早く劣化するというデメリットもあり、汚れたらこまめに洗車をして劣化した部分を取り除かなければいけないので手間もかかります。

したがってあまり車のお手入れをしない人にはおすすめではありません。

樹脂系は、イオン結合や分子結合によって高分子化合物を密着されていて、比較的安く施工することができます。

「車のコーティングの種類」の続きはこちら

KTM クロスボウの魅力

 

クロスボウとは、オーストラリアのバイクメーカーであるKTMがはじめて生産したスポーツカーです。

クロスボウは、イタリアのレーシングカーコンストラクターであるダラーラが設計をし、ザルツブルクのキスカデザイン、ドイツのアウディなどと共同で開発されました。

クロスボウの魅力は、レーシングスペックのカーボンモノコックシャシーを持つことと、センターロック式のホイール、そしてブレーキはブレンボ製で時速200kmで200kgのダウンフォースを発生するデザインとなっています。

またクロスボウは、コースに合わせて選択できる複数のサスペンションやレースタイヤなどがあることが特徴です。

「KTM クロスボウの魅力」の続きはこちら